研究内容

廃棄物中の窒素源の有効利用を目的に、高濃度にタンパク質を蓄積可能な微生物群の集積技術を基盤とする、微生物タンパク質(Single cell protein; SCP)産生プロセスの確立を目指します。 SCP産生が可能な微生物群の集積化技術を開発し、高効率なSCP産生能力を持つバイオマスの獲得を行います。さらに、有用な微生物群の同定・分離培養に挑戦します。これらの基礎研究を積み上げ、廃棄物やメタンガスを用いたタンパク質産生技術の開発を目指します。さらに炭素・窒素をベースとしたLCA(ライフサイクルアセスメント)や環境リスク評価も含めた包括的な持続可能性評価を併せて実施していきます。

研究者

研究者

寺田 昭彦

東京農工大学大学院工学研究院 教授

研究者

林 彬勒

産業技術総合研究所 排出暴露解析グループ 上級主任研究員

研究者

匂坂 正幸

産業技術総合研究所 安全科学研究部門 国連工業開発機関

論文

  1. Yasuda, S., Suenaga, T., Orschler, L., Agrawal, S., Lackner, S. and Terada, A. 2021. Metagenomic Insights Into Functional and Taxonomic Compositions of an Activated Sludge Microbial Community Treating Leachate of a Completed Landfill: A Pathway-Based Analysis. Frontiers in Microbiology 12(948).
  2. Yasuda, S., Toyoda, R., Agrawal, S., Suenaga, T., Riya, S., Hori, T., Lackner, S., Hosomi, M. and Terada, A. 2020. Exploration and enrichment of methane-oxidizing bacteria derived from a rice paddy field emitting highly concentrated methane. Journal of Bioscience and Bioengineering 130(3), 311-318.
  3. Suenaga, T., Hori, T., Riya, S., Hosomi, M., Smets, B.F. and Terada, A. 2019. Enrichment, Isolation, and Characterization of High-Affinity N2O-Reducing Bacteria in a Gas-Permeable Membrane Reactor. Environmental Science & Technology 53(20), 12101-12112.
研究開発課題へ戻る