持続可能な廃棄物フリーバイオエコノミーのためのリサイクル技術の確立

バイオマス耕作において、各技術工程から排出される廃棄物を適切にリサイクルすることは、持続可能性や環境保全を鑑みると重要な課題といえます。また、廃棄物を有価物へ転換するアップサイクリング技術、炭素とともに循環される窒素化合物のマネジメントが望まれています。本研究開発課題では、研究開発課題1、2、3において再利用が困難な廃棄物を畜産業から排出される廃棄物と混合した共発酵技術の開発を行い、効率的なメタン回収技術の確立を目指します。次に、メタン発酵後の残渣を炭化し、緩効性肥料に変換する技術を開発します。発酵残渣由来の炭化物の農作物栽培への施肥を通し、緩効性肥料としての効果を評価します。これらの要素技術を組み合わせ、地域循環共生圏確立の加速化に貢献できるような、畜産業や農業をベースとした持続可能なシステム開発を行います。さらに本研究開発課題では、環境中の微生物資源の理解・探索を行い、有価物を産生可能な微生物群の獲得を目指します。未知の微生物群の機能を有効に利用する条件を明らかにし、廃棄物からより価値の高い有価物の産生を志向するアップサイクリング技術の基盤を構築します。上述した廃棄物が排出されないようなリサイクル技術確立には、様々なシナリオをベースにした実現可能性評価が必要であるため、LCAや環境リスク評価も併せて実施していきます。

関連する研究テーマ

研究体制

プロジェクトリーダー

研究開発リーダー

寺田 昭彦

東京農工大学大学院工学研究院 教授

構成メンバー

プロジェクトメンバー

利谷 翔平

東京農工大学大学院工学研究院 准教授

プロジェクトメンバー

林 彬勒

産業技術総合研究所 排出暴露解析グループ 上級主任研究員

プロジェクトメンバー

匂坂 正幸

産業技術総合研究所 安全科学研究部門 国連工業開発機関

研究活動一覧へ戻る