研究内容

新規触媒によるバイオオイルの改質

図
図3 新規メソポーラスシェルを備えた中空ゼオライト触媒によるバイオオイルの品質と収率を向上 (弘前大学)

バイオマスの高速熱分解によるバイオオイルの製造は、バイオマス成分の大部分を直接的に液体燃料へ変換できる効果的な技術であるため大きな注目を集めている。しかし、熱分解プロセスから得られたバイオオイルは多様な含酸素化合物から構成され、一般的に高粘度と強い腐食性を示し、さらに化学的に不安定で貯蔵性等にも難点がある。このため、粗バイオオイルを燃料または化学原料として使用する前に、脱酸素化などのアップグレードが必要である。

HYや、H-ベータ、H-フェリエライト、HZSM-5などのプロトン交換した酸性ゼオライト上でのバイオオイルの常圧接触分解は、水素ガスが不要なバイオオイルのアップグレードに効果的な方法であり、特にHZSM-5は、バイオオイルの脱酸素化において最も効果的な触媒として知られている。しかし、HZSM-5自体は、その細孔構造が微細であるため、分子サイズの大きな反応物や生成物の細孔内拡散に制限があり、さらに反応中のコーキングなどでマイクロ孔の入り口が容易に閉塞し、急激な触媒失活を起こす。

この問題に対処する代表的な方法として、以下の3つが挙げられる。1つ目は金属修飾で、脱酸素を促進するためにゼオライトの酸性度を最適化するための最も簡単な方法である。しかし、この方法ではゼオライトの微細孔の拡散制限の問題を解消することは困難である。2つ目はHZSM-5の細孔構造の階層化である。これは、本来のHZSM-5よりも大きなメソ細孔を構築することで拡散制限を解消するものである。3つ目はHZSM-5への中空構造またはコア/シェル構造といった特殊構造の付与である。本研究では、上記の3つの方法でバイオマスの高速熱分解に由来するバイオオイルをその場でアップグレードするためのHZSM-5ベースのゼオライト触媒を開発する。また、触媒性能と触媒調製に影響を与えるメカニズムを検討する。

水素化改質によるバイオオイルからの液体燃料の製造

国際民間航空機関(ICAO)をはじめとした航空業界にはCO2排出量を削減する地球温暖化抑止対策を喫緊の課題となっており、バイオマス由来バイオジェット燃料の導入は急ピッチで進められている。海外ではすでに廃食用油などを原料にしたバイオジェット燃料が実用化・商用化されている。図3に商用化されている植物油や廃食用油からバイオジェット燃料の製造2段水素化プロセス(水素化脱酸素+異性化・クラッキング)を示しており、現状では、製造コスト(1000-2000円/L)が高いという課題がある。我々は、新規高性能二機能(水素化脱酸素/異性化/クラッキング)触媒を開発し、パーム油やパーム脂肪酸留出物(PFAD)等を用いて、1段プロセスでバイオジェット燃料を製造するプロセスを開発した。現在、PFADを原料として、ほぼ100%の脱酸素率、約30%のジェット燃料成分収率を達成している。これにより生産コストは約120円/Lまで低減できると試算される。

図
図4 バイオジェット燃料の製造法及び触媒

研究者

研究者

官 国清

弘前大学 地域戦略研究所 教授

パートナー

  1. タイ
    • Chulalongkorn University(チュラロンコン大学)
      Prof. Dr Prasert Reubroycharoen, Head of Department of Chemical Technology バイオオイルの改質
    • Thammasat University(タマサート大学)
      Prof. Dr Suwadee Kongparakul and Prof. Dr Chanatip Samart, Department of Chemistryバイオオイルの改質
    • Rangsit University (ランシット大学)
      Dr. Surachai Karnjanakom, Department of Chemistry。バイオオイルの改質

研究者

銭 衛華

東京農工大学大学院工学研究院 工学部化学システム工学科 教授

関連発表論文

  1. Nichaboon Chaihad, Aisikaer Anniwaer, Aghietyas Choirun Az Zahra, Yutaka Kasai, Prasert Reubroycharoen, Katsuki Kusakabe, Abuliti Abudula and Guoqing Guan,“In-situ catalytic upgrading of bio-oil from rapid pyrolysis of biomass over hollow HZSM-5 with mesoporous shell,”Bioresource Technology, 341 (2021) 125874.
  2. Nichaboon Chaihad, Aisikaer Anniwaer, Surachai Karnjanakom, Yutaka Kasai, Suwadee Kongparakul, Chanatip Samart, Prasert Reubroycharoen, Abuliti Abudula and Guoqing Guan,“In-situ catalytic upgrading of bio-oil derived from fast pyrolysis of sunflower stalk to aromatic hydrocarbons over bifunctional Cu-loaded HZSM-5,”Journal of Analytical and Applied Pyrolysis, 155 (2021) 105079.
  3. Nichaboon Chaihad, Yohanes Andre Situmorang, Aisikaer Anniwaer, Irwan Kurnia, Surachai Karnjanakon, Yutaka Kasai, Abuliti Abudula, Prasert Reubroycharoen and Guoqing Guan,“Preparation of various hierarchical HZSM-5 based catalysts for in-situ fast upgrading of bio-oil,”Renewable Energy, 169 (2021) 283-292.
  4. Pattreeya Panpian, Thi Tuong Vi Tran, Suwadee Kongparakul; Lalita Attanatho, Yoothana Thanmongkhon, Peifen Wang, Guoqing Guan, Narong Chanlek; Yingyot Poo-arporn, and Chanatip Samart,“Production of bio-jet fuel through ethylene oligomerization using NiAlKIT-6 as a highly efficient catalyst,”Fuel, 287 (2021) 119831.
  5. Le Kim Hoang Pham, Thi Tuong Vi Tran, Suwadee Kongparakul, Prasert Reubroycharoen, Mingyue Ding, Guoqing Guan, Dai-Viet N. Vo, Panichakorn Jaiyong, Napaporn Youngvises, and Chanatip Samart, “Data-driven prediction of biomass pyrolysis pathways toward phenolic and aromatic products”Journal of Environmental Chemical Engineering, (2020) 104836.
  6. Wachiraporn Kettum, Thi Tuong Vi Tran, Suwadee Kongparakul, Prasert Reubroycharoen, Jing Wang, Guoqing Guan, Mingyue Ding , Chanatip Samart, “High selective monoaromatic hydrocarbon production via integrated pyrolysis and catalytic upgrading of Napier grass over Ca/Ni/boronic acid/KIT-6," Biomass Conversion and Biorefinery, 10 (2020) 423–434.
  7. Sang Dinh Ngo, Thi Tuong Vi Tran, Suwadee Kongparakul, Prasert Reubroycharoen, Pinit Kidkhuntod, Narong Chanlek, Jing Wang, Guoqing Guan, and Chanatip Samart, “Catalytic pyrolysis of Napier grass with nickel-copper core-shell bi-functional catalyst” Journal of Analytical and Applied Pyrolysis, 145 (2020) 104745.
  8. Pattreeya Panpian, Le Kim Hoang Pham, Suwadee Kongparakul, Mingyue Ding, Peifen Wang, Guoqing Guan, Narong Chanlek, Yingyot Poo-arporn, Prasert Reubroycharoen, and Chanatip Samart,“One-pot upgrading of coconut coir lignin over high-efficiency Ni2P catalysts,Journal of Environmental Chemical Engineering, 9 (2021) 106702.
  1. Roles of Promoter and Support of Sulfided Mo-based Catalyst in Selective Hydrotreating of Palm Fatty Acid Distillate, K Kim, Y Kawano, D Higai, X Hou, M Peng, EW Qian, Journal of the Japan Petroleum Institute 65 (1), 18-26 (2022)
  2. Production of normal paraffins with even carbon number via selective hydrodeoxygenation of Palm Fatty Acid Distillate over Pt-Sn catalysts, K Kim, D Higai, X Hou, M Peng, EW Qian, Industrial & Engineering Chemistry Research 60 (7), 2881-2889
  3. Effect of surface modification with silica on the structure and activity of Pt/ZSM-22@SiO2 catalysts in hydrodeoxygenation of methyl palmitate, Ning Chen, Ningning Wang, Yuxiong Ren, Hiroyuki Tominaga, Eika W. Qian., Journal of Catalysis, Elsevier, Vol. 345, pp. 124–134 (2017, Jan).
  4. Elucidation of the Active Phase in PtSn/SAPO-11 for Hydrodeoxygenation of Methyl Palmitate, Ning Chen; Yuxiong Ren; Eika W. Qian, Journal of Catalysis, 334, 79-88 (2016).
  5. Effect of reduction temperature of NiMoO3-x/SAPO-11 on its catalytic activity in hydrodeoxygenation of methyl laurate, Ning Chena, Shaofeng Gongb, Eika W. Qian, Applied Catalysis B: Environmental, 174, 253–263 (2015).
  6. Role of support in deoxygenation and isomerization of methyl stearate over nickel–molybdenum catalysts, Eika W. Qian, Ning Chen, Shaofeng Gong, Journal of Molecular Catalysis A: Chemical 387, 76–85 (2014).
  7. Effects of Si/Al Ratio and Pt Loading on Pt/SAPO-11 Catalysts in Hydroconversion of Jatropha Oil, Ning Chen, Shaofeng Gong, Hisakazu Shirai, Toshitaka Watanabe, Eika W. Qian, Applied Catalysis A, Volume 466, 105–115 (2013)